Mailでムーバブルタイプ

Mailでムーバブルタイプ

Movable Type(ムーバブル・タイプ、MT、エムティー)は、シックス・アパート社が開発・提供するブログソフトウェア。プラグイン機構により機能を拡張できることが特徴である。ブログソフトウェアとしては定番的存在であるが、同社はそれだけに留まらないCMS製品であることを強調している。
ソフトウェアは主にPerlとPHPで書かれており、動作に必要なのはPerlのみとなっている。データストアにはリレーショナルデータベースを採用しており、MySQL、PostgreSQL、SQLiteなどに対応していたのだが、Movable Type 5からはMySQLのみ対応になった。
また、企業向けには別製品としてMovable Type Enterpriseが存在する。これはMovable Typeを基に、イントラネットでの利用を想定した大量のブログやユーザ、組織や権限などの管理、LDAP対応、Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Serverといったエンタープライズ向けのデータベース対応などの追加機能を有償で提供するものである。
さらに、2007年12月12日にはライセンスをGPLに改変しオープンソース化するMTOS (Movable Type Open Source)プロジェクトが開始された。MTおよびMTOSのソースコードに大きな差異はなく、機能的には全く同じものである。
なお、英語で活字による印刷の仕組みのことをmovable typeと呼ぶ。

主な機能

ブログ記事の作成
ウェブページの作成
テンプレートエンジン(モジュールテンプレートによる作業効率化)
フィードの提供
トラックバック
Atom出版プロトコルによる投稿
画像や動画、音声といったアイテムの管理
複数ブログの管理
複数ユーザと権限の管理
タグやカテゴリによるブログ記事の管理
スパム検疫
OpenIDやTypeKeyなどの外部認証によるコメント投稿者の管理
スタイルやウィジェットによるデザイン
ブログ内の検索
プラグイン

インストール

レンタルサーバにインストールする場合、多くの事業者においてデフォルトでサポートされており、まごつくことも少ないが、ローカルサーバに実験的にインストールしようとすると多くの問題が生じる。XAMPP for Linuxの場合、インストール時に表示される不足しているPerlモジュール(特にDBDドライバとImageMagick)をただちに追加すれば、以後の作業はスムーズとなる。例えばXAMPPのMySQLへの接続に失敗(mysql.sock云々)しても、とりあえずSQLite(バージョン2または3)で立ち上げることは可能となる。作業中「mt-static」が見当たらないというエラーが出る場合は、「/etc/hosts」ファイルに書き込んであるローカルサーバ名をチェックする。別のPCからもアクセスできるようにするには「localhost」だけにせず、別名を作っておくとよい。管理者を設定した後に一度ログインして何かブログに投稿しないと、サイトのルートディレクトリ内に「index.html」は作成されず、初期設定は完結しない。